カトリーヌ姫のFX大作戦

子供への「お金の教育」は早いうちから始めるべし! 子供に金銭感覚を身に付けさせる方法

   

「住宅ローンと学生ローン以外の借金はすべきでない!」

カトリーヌ自身はそう信じていて、今までもそれを守っているし、これからも守り続けるつもりだ。

しかし、周りを見回してみるとそうじゃない人が多い、多い。ニュージーランドに来てからは特にそう思う。実に多くのニュージーランド人たちが、車やパソコン、テレビ、ホームシアター・セットなどを、お金を貯めてではなくローンを組んで買うのだ。

 

かくいうカトリーヌの旦那さまも、カトリーヌが出会ったときは車と趣味のスカイダイビングのために借りた借金を抱えていた。ニュージーランドに住んでいれば車は必需品だけど、それでもお金がないのならランクを落とした車を買えばいいし、ましてやスカイダイビングは趣味。カトリーヌの常識からすれば趣味は貯めたお金でするものであって、趣味のために借金をするという感覚が信じられなかった。

そんな旦那さまも、今は改心して身の丈に合った生活をすることを学んだが、それを学んでいない人が多いことを考えると、娘たちへの影響が心配。

 

キヨサキ氏は著書「金持ち父さん 貧乏父さん」の中で、「お金の教育」の大切さについて何度も触れているが、まったくその通りだと思う。しかし、今のところ学校では「お金の教育」をしてくれないので、子供たちにお金について教えるのは親の仕事である。

 

そこで今回は、カトリーヌが8歳と9歳の娘たちに金銭感覚を身に付けさせるために実践している方法を紹介します!

 

Carissa Rogers_Flickr出典: Flickr(制作者:Carissa Rogers)

1. お金はただ与えられるものではないことを教える

子供たちの金銭感覚を養うために、『「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て』の、お小遣い制を廃止し子供に「家庭内利権」を与える著者の大前氏のやり方を真似て、カトリーヌ家でもお小遣いではなく、家の仕事をしたときに1ドル(≒100円)を渡すことにしている。

毎週一回の家の掃除機かけと拭き掃除について、ちゃんとした場合は全額払うが、手を抜いた場合は手を抜いた度合いに応じて減額して支払う。手を抜くことが続いた場合には、毎週一回の掃除機かけと拭き掃除に対して料金を支払うという「契約」を打ち切る旨を伝え、子供たち自身に「契約」を続けたいかどうかについて考えさせる。

仕事をするということの厳しさを教えるためだ。

 

これ以外に自主的に家の用事を負担してくれたときにも、小銭を渡すことにしている。ただし、毎回渡すのではなく、何回かしてくれたときにボーナスとして渡す。これは、お金がもらえなければ何もしないようになることを防ぐため。

 

どちらも、お金は何もしないでは手に入らないことを教えるのに役立っている。

 

 

2. 我慢することを教える

カトリーヌ家では、欲しいものを買うためにはお金を貯める必要があること、貯まる前にローンで買った場合は利息を払わなければならないことなどを教えている。また、クレジットカードの仕組みなどについても説明している。

 

子供たちがおもちゃの類をもらえるのは誕生日とクリスマスのみで、それ以上に欲しい場合には自分で貯めたお金で買うことになっている。

この時、カトリーヌと旦那さまは、どんなに無駄なものに見えても、買うか買わないかについての判断は子供たちに任せ、一切口を挟まないように努力している。

ただし、安いものならすぐに買えるかもしれないが、お店で可愛いものを見つけるたびに買っていてはいつまでたってもお金は貯まらないこと、値段の高い物を買おうと思ったら、お金が貯まるまで待つ必要があることなどを説明したうえで、本当に欲しいかどうかをよく考えてから買うようにとだけ伝える。

 

 

3. 物を大切にすることを教える

カトリーヌ家では、周りにあるモノの値段や、それを買うために旦那さまが何時間働かなければならないかを教えている。

 

子供達には、衣類や文房具などの必要な物はもちろん買い与えるが、子供たちの不注意で壊してしまったり失くしてしまった場合には、自分のお金で買ってもらう。

これは、子供たちに物を大切にすることを学んでほしいからと、カトリーヌのイライラを軽減するためもある。

 

 

子供でも大人でも、言葉で教えられたことがそのまま身に付くことはまれである。本当に学ぶためには、実際に体験して、失敗して、もう一度体験する必要がある。子供たちが社会に出てから大きな失敗をしないためには、家の中で小さな失敗をいっぱいさせて、そこから学ばせることが大切なんだと思う。

 

 - ブログ

Comment

  1. あいうえお より:

    http://xn--lckycm3jvdw701a.com/blog/1130/

    >5. 24時間トレードするな!

    【今までの常識】

    24時間取引できるのもFXのメリット

    【著者の意見】

    「相場が動く時間」に効率よくトレードしたほうが利益が上がる。

    ↑確かにね。。。昨日までそう思っていたが見事に打ち砕かれた
    相場が動いている時に効率よくトレードした方が良いと思う
    別にスキャを推奨するではないが24時間張るのは実質無理だし

  関連記事

santorini-86840_640
ギリシャ総選挙、チプラス氏率いる急進左派連合が勝利! チプラス氏が首相に再就任!

財政危機問題で世界を騒がせたギリシャ。今年7月にEUのギリシャへの金融支援が正式 …

old-age-957492_640
生活保護の方が年金よりもお得!? 不公平な福祉制度の見直しを!

「下流老人」「老人破産」などの言葉がよく聞かれるようになった昨今。 40年間国民 …

british-2506_640a
FXで勝てない人が陥っている罠とは? ギャンブラーの誤謬

何週間も相場が上がり続けたとき、または相場が過去の最高値を超えたときなど、「ここ …

問題解決能力
日本の学校では問題解決能力は養えない! 自分で考えようとしない子供たち

カトリーヌがニュージーランドで日本人留学生のサポート業務を始めてびっくりしたこと …

picnic-644278_640
当たり前の日常に感謝するということ

先週はまるまる1週間風邪で寝込んでいたカトリーヌ。一応風邪は治ったものの食欲は戻 …

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?1
「お金」に対する価値観が変わるかも!? 『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』

読書って、いろんな価値観や視点を学べて面白い! 元来読書好きのカトリーヌが次に選 …

stock-exchange-680579_640
「押し目買い」と「戻し売り」で利益を着実に伸ばす! 安全性重視のエントリーポイント

FXリアルトレードで苦戦中のカトリーヌ。主に移動平均線を使ってエントリーポイント …

42eee6143b47672aaad33883f57eac76_s
米利上げ見送りで米ドル(USD)下落! 10月か12月に利上げの可能性も?

昨日17日は、相場に目立った動きは見られなかった。FXトレーダーたちはアメリカの …

alarm-clock-238524_640a
「一晩くらい寝不足しても大丈夫」は危険! アメリカの研究で、夜更かしすると頭が悪くなることが判明!

いくらFXは24時間取引ができるからといって、夢中になって夜遅くまでトレードする …

1041937_26432027
本当に参考になるFX会社ランキング! 人気ランキングで常連のFX会社トップ10

「FX会社って、何を基準に選べばいいの? FX会社を選ぶときのチェックポイント6 …