カトリーヌ姫のFX大作戦

現代は、誰もが投資家になるべき時代! 『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』

   

金持ち父さん貧乏父さん』では意外な盲点も多く、お金持ちになるための秘訣について学んだカトリーヌ。古書を譲ってくれた知人に感謝、感謝。

続いてシリーズ第2弾の『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』を読んでみたので紹介しますね!

 

金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント3

クワドラントとは、四等分された円グラフのこと。

本書のキャッシュフロー・クワドラントでは何に四等分されるかというと、E=従業員、S=自営業者、B=ビジネスオーナー、I=投資家の4つ。図にすると下のようになる。

 

キャッシュフロークワドラント

具体的にE、S、B、Iのクワドラントの人たちが何をしているかというと、

E:システムのために働く

S:本人がシステムとなって働く

B:システムを作り出したり、管理したりする

I:システムにお金を投資する

 

 

右側のクワドラントで成功することのススメ

キヨサキ氏曰く、どのクワドラントでも成功して金持ちになることは可能だが、クワドラントの左側であるEとSでは成功すればするほど自由な時間が減っていくのに対し、右側のBとIでは成功を収めれば収めるほど自由な時間が増えていくという違いがあるという。

経済的自由を手に入れるためには右側で成功する必要があり、本書は「キャッシュフロー・クワドラントの左側から右側に移りたいと思っているが、どこから始めたらよいか分からないという人のため」の本である。

ちなみにキヨサキ氏の理論によると、株を安く買って高く売ることを狙っている株式トレーダーはお金を生むために物理的な仕事をしなければならないわけだから、投資家のIクワドラントではなく自営業者のSクワドラントに属する。ということは、FXトレーダーも当然Sクワドラントということになる

 

キヨサキ氏によると、一生懸命働けば会社や政府が老後の生活を保障してくれた産業時代は終わり、現在の情報社会では誰もが投資家になる必要があるという。また、キヨサキ氏は経済的自由を得るために2つ以上のクワドラントで成功することを勧めており、理想の組み合わせはBとIだとしている。

 

BとIクワドラントで成功するために、キヨサキ氏は本書でさまざまなアドバイスや理論を提唱しているが、その中で特にカトリーヌがためになると思うものは以下の3つ。

●大事なのは「する」ことではなく、「なる」こと

お金持ちになりたいのなら、お金持ちと同じことをするのではなくお金持ちと同じように考えられるようになること。左側のクワドラントと右側のクワドラントでは価値観が違っており、SやIクワドラントで成功するためには、感情、考え方、信条、心構えを変える必要があるという。

 

●成功から多くのことは学べない。ゆえに、失敗しない人は成功もしない

これは、『金持ち父さん貧乏父さん』の「敗者は損をするのが怖くて、そのために損をす」と同じことだが、失敗を恐れるすべての人に知ってほしい理論である。

 

●投資そのものは危険ではない。投資をする人が無知であることが危険なのだ。

「投資は危険だ」という人に対するキヨサキ氏のこの回答には大いに納得。

 

本書で説明されている税制はアメリカのもので日本やニュージーランドでは当てははまらないものもあったが、全体的に投資する際の心得や考え方について多くのページが割かれていて、将来不動産投資でIクワドラントとして成功したいと思っているカトリーヌには、参考になる点もあった。

 

 

本当に大切なのは「お金」か?「やりがい」か?

しかし、本書は「お金でお金を生み出す」ことにのみ価値を置いた内容であり、違和感のようなものを感じる部分もあった。本書を読んでいる間中、『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』で「お金でお金を生み出す」ことに疑問を感じた著者山口氏の「お金で始まればお金で終わる」という言葉が頭から離れなかったからだ。

 

カトリーヌ自身は、現在Sクワドラントに所属している。将来不動産投資ではIクワドラントで成功したいと思っているが、Sクワドラントで自分自身がシステムとなって「お金でお金を生み出す」のではなく「価値を創造(または提供)してお金に換える」ことにやりがいを感じているから、Bクワドラントに移りたいとは思っていない。

 

 

何に価値を置くかは人によって違うし人それぞれに適正というものもあるから、キヨサキ氏のSとIクワドラントでの成功だけが良しとする考え方には疑問を感じる。しかし、日本でも政府の年金制度がいつまで続くか分からない状態の中、資産運用としての投資の知識を身につけておくことことが人生を有利にするいう考えには大賛成だ。

(*こちらも2013年に改訂版が出ているので、読みたい人は改訂版の方を読んでくださいね!)

 

カトリーヌの評価:★★★

 - ブログ

  関連記事

santorini-86840_640
ギリシャ総選挙、チプラス氏率いる急進左派連合が勝利! チプラス氏が首相に再就任!

財政危機問題で世界を騒がせたギリシャ。今年7月にEUのギリシャへの金融支援が正式 …

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s
活力のある1日は質の良い睡眠から! 夜ぐっすり眠る秘訣7つ

風邪はすっかり治ったし睡眠時間も足りているはずなのに、なぜか朝スッキリと目覚めら …

d34be00f8b6851e9a882d147b61a8df4_s
自分の幸せしか考えない人たち… 誰かの犠牲の上に成り立っている私たちの生活を考える

世の中には自分の幸せしか考えない人たちがいる。。。カトリーヌもその中の一人だ。。 …

チャートパターン
チャートパターン分析をすればエントリーポイントが分かる! 目指せ脱FX初心者!

チャート分析の手法はいろいろあるけれど、そのうちの一つがパターン分析。チャートに …

ユーロ
ギリシャ危機発のユーロ危機は再び起こるか!? 統一通貨ユーロの抱える問題点

昨夜のニュースで「ギリシャ政府は、6月5日が返済期限だったIMF(国際通貨基金) …

street-sign-663366_640
トレードするのが怖い!? FXトレード恐怖症を克服する方法

お金がすべてではないけれど・・・最後にものを言うのはお金という現実を目の当たりに …

損小利大
FXの勝率と利益は比例しない!? トータルでプラスにするための「 損小利大」の原則

「FXの勝率が高い=稼いでいる」と思っていたカトリーヌ。実はこれ、大きな間違い。 …

31784da212beb1b8b5763f6724f2ea71_s
親の介護は子供の義務か? 母の入院が残した大きな課題

「住めば都? 海外移住のメリットとデメリット」で母の入院を突き止めたものの、詳細 …

1
損切りが苦手な人にはおすすめ! 『相場で負けたときに読む本 実践編』

前回の『相場で負けたときに読む本 真理編』に続いて、今回は続編の『相場で負けたと …

7838df8ebfccac5f39c3a6505ad4b024_sa
小さな子供がいても大丈夫! 主婦がFXに向いている理由3つ

「主婦にもうれしい魅力がいっぱい! FXのメリット10つ」でもちょっと触れたけど …